分娩後脱毛症

分娩後脱毛症
妊娠薄毛や妊婦薄毛という事で悩み方は非常に多いです。
妊娠により出産後にかけ、一時的に髪が抜ける事がありますが、それらの多くは分娩後脱毛症です。

薄毛抜け毛の原因はホルモンの異常バランスです。
髪の健康を保つにはエストロゲン(卵胞ホルモン)が大事な役割を果たしていますが、エストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)の分泌が、出産後一気に休止期に入ってしまうために、出産後に抜け毛の症状が多く見られるのです。

妊娠抜け毛

出産後の抜け毛で悩む方は非常に多いですが、時間とともに抜け毛量も減りますので心配も要りません!
脱毛は産後約半年まで続く事が多く、時間経過とともの通常1年以内には元に戻ります。
高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然回復には時間がかかるケースもあります。
分娩後脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と違い、脱毛部分の境界がはっきりしません。

関連記事:出産後の抜け毛やピルの服用