抜毛症(トリコチロマニア)について

抜毛症(トリコチロマニア)とは、無意識の間に自分で毛を引き抜いたり、髪の毛をすり合わせたりして毛を抜いてしまう症状のことです。
トリコチロマニーは、基本的に自然に治ります。
この症状は小学生くらいの子供の時に見られる症状です。幼稚園児や小学生など小さい子供に現れる場合が多いですが、大人にも発症することがあります。
抜毛症(トリコチロマニア)は本人が自覚している場合もありますが、完全な無意識の場合もあります。 精神的ストレスのある時に特定の場所の毛を引き抜く現象です。頭皮は異状ありません。

子供の抜こうとする行為を止めさせたい場合は、子供の心理的ストレスを親自身が把握することが大切です。
子供は親の行動がとても気になり、子供が不安になる行動などを親がすると、子供は、親が考える以上にストレスを感じています。
まずは、親自身が子供の立場にたって、子供をフォローすることが大切です。

抜毛癖なのか、あるいは円形脱毛症などの他の脱毛症なのか区別することが大切です。