円形脱毛症の原因とは?

円形脱毛症の原因として考えられているのは・・・
「自律神経障害」、「内分泌異常」、「毛周期障害」、「自己免疫疾患」、「感染アレルギー」があります。
医学的には原因は解明できていないのが現状ですが、その中でも「自己免疫疾患」と いう説が有力で、 主に精神的ストレスが抜け毛の誘因となります。

自己免疫疾患とは、免疫システムの機能が不良となって、体が自分の組織を攻撃してしまう病気です。
円形脱毛症は、Tリンパ球が毛根を異物と間違えて、攻撃してしまうことによって起きる病気と言われています。 しかし人間の持つ毛周期と同一の周期を持つ動物が存在しないので、実験ができないため確定はしていません。 突然の脱毛はショックも大きく、何とか治したいという気持ちから、さまざまな治療にとびつきがち。 しかしいい加減な治療や予防法は症状を悪化させます。
まずは皮膚科で正しい診断を受け、医師の指示に従って適切な治療をすることが大切です。